電子書籍 > 海王社 > 淫堕の鬼姫アンネローゼ【第6話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年04月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

グリダニア王国の財務大臣・ヒンゲンの巧みな姦計によって、
次第に快楽に蝕まれていく王女・アンネローゼ。
淫らな快楽の誘惑に流されながらも「自分は病気なのだ」と思うことで、
辛うじて王女の矜持を保つアンネローゼだったが、
ヒンゲンのさらなる策略によってついにその本性が暴かれる日がきてしまう。

その日、ヒンゲンがアンネローゼに用意していたのは、
「ピチュマ」と呼ばれる卑猥な民族衣装だった。
極端に胸と尻を露出させるその衣装をまとった彼女は、
騎士団員の前で半裸を晒された上、重要な会議の席で秘部を弄ばれる。

やがて発情したアンネローゼは、ヒンゲンに促されるままに
はしたなくも四つん這いで廊下を歩かせられ……。

「メス豚王女のお尻の中にっ! 熱いセーエキを…いっぱい!」

美貌の王族母娘を堕落させていく巧妙な罠!
エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが放つ調教劇、第6話!!  

「マガジンサイベリア Vol.038(BJ014263)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ014268
ファイル名/ファイル容量
BJ014268.zip / 5.73MB (6004641Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.038(BJ014263)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫堕の鬼姫アンネローゼ【第6話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件