電子書籍 > メディアックス > ふたりきりで夢中で過ごした

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

学園でただ一人のメイドの少女。
生徒の身の回りを世話する彼女は学園の肉奴隷だった。
その秘密を知った海野と山本は、妖しげな調教を施される「彼女」の姿に禁忌の興奮を覚え、
いつしかふたりは互いの身体に夢中になっていくのだった——。

人気シリーズ「友情」を始め、「姿のない狼」「嘘のほんと」「海からきた幻」など全10本を掲載。
スペシャル企画として「失恋」を完全カラー化でお届けします!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ013708
ファイル名/ファイル容量
BJ013708.zip / 71.35MB (74812396Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ふたりきりで夢中で過ごした」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!読み応えのある

2012年07月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

<友情>といい、<姿のない狼>といい、鹿島田しきさんの描く男の娘は、少女のような外見を持ちながら、内面はしっかりと少年らしい。少女のようになりたいと願っていても、(わざわざそう願う分)彼らはきちんと少年であり、いわゆる男の娘:男性器をもち、男性的な性欲を持ち、わかりやすい性的絶頂を示す少女(悪い意味ではないよ。あれはあれで可愛い)とは根本的に異なっている。また、閉鎖空間、拘束具、スパンキング等のSM的描写もしっかりと続き、<治さない病>で出てきたりゆと思われる令嬢(♂)と、その館(家具、令嬢製造所)と同一の舞台と思われる作品も複数ある。
また、エロエロでありながら、登場人物の心理描写が繊細なのも特徴であり、<姿のない狼><嘘のほんと><海からきた幻>の物語性は素晴らしい。少年から青年への揺らぎ、女装をしたことによる少年から少女への揺らぎ、また、少年期特有の喪失感などを見事に描いている。
とにかく買っておくべき。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]