電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 痴漢アンソロジーコミックスVol.1

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

二次元ドリームレーベルから、オール描き下ろしアンソロジーコミックスが登場!
電子書籍のために描き下ろしたので、
ここでしか読めない濃厚なエッチ漫画が盛りだくさん!

テーマは「痴漢」です!!
淫気の立ち込める密室状態の車両の中で、
身動きの取れないヒロインの身体に
欲望に駆られた男たちの魔手が伸びる──!
周りにバレないように我慢しても次第に喘ぎ声が漏れ、
さらにエスカレートする責めに堕とされていきます!

【収録作品】
『悦楽の匣』by 瀬上大輔
陸上部所属の女子校生・七瀬京子はスパッツの下に
何も穿いていない、少し心許ない状態で帰りの満員電車に
乗り込んでしまう。偶然太腿の間に割り込んだ膝が、
京子の陰唇をスパッツ越しに撫でた。
未知の刺激に淫らな声を上げてしまった京子は、
痴漢たちの獲物になってしまう。同級生も乗る車内で
あられもない姿にされて声を上げることも出来ず、
痴漢の手にスパッツに包まれた尻と、張りのある美乳を
弄ばれてしまう京子。巧みな誘導で性観念を崩された京子は、
痴漢の愛撫に身体を委ねてしまい…。

『囮捜査の淫行指令』by にゃご丸
囮役として電車に乗り込む腕利きの痴漢捜査官・里美。
容疑者と見られる男が現れるも検挙する直前に、
物的証拠を押さえるように本部から指示が下される。
痴漢に身体のあちこちを撫で回される屈辱に耐えながら、
精液採取のため自ら積極的に奉仕をする里美は、
ついに電車内でペニスを挿入されてしまう。
さらにローションやアナルへのローター責めも加わり、
激しく責め立てられる凛々しい捜査官は
徐々に快楽に溺れ堕ちていく……。

『好奇心はネコをも○す』by 大月渉
官能小説家の麗華は、次回作で痴漢もの描くことに。
そのストーリーの打ち合わせの帰りに電車に乗った彼女は、
偶然痴漢に襲われてしまう。ネタ集めのためにそのまま
痴漢の責めを受ける彼女だったが、やがて快感が
抑えきれなくなっていく。さらに、持っていた痴漢ものの
エロ本を見つけられ、本に描いてあるような
苛烈な痴漢プレイまで仕掛けられてしまう!

表紙:瀬上大輔

作品情報/動作環境

作品番号
BJ013180
ファイル名/ファイル容量
BJ013180.zip / 46.34MB (48590828Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「痴漢アンソロジーコミックスVol.1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

痴漢凌辱で堕ちます!

2013年06月05日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

電車内で男たちに痴漢されてヒロインがイキまくってしまう作品!
こういうHマンガの痴漢ってAVにも出るけど、女を責めるのがうまいですね!実際はもっと粗野な感じなのでしょうか…
痴漢ものが好きな人にはおススメの作品です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]