電子書籍 > 海王社 > ごはんですよ。

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年01月28日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

10年前…運動会で母の手作り弁当がなく、
わびしくメロンパンをかじっていた蓮にお弁当を作ってくれたその日から、
毎日おいしいごはんを作ってくれる親友・小太郎の母、たつえさん。

小太郎がデート中で不在の夕飯。
いつもと同じ、むしろゴーカなごはんに蓮は感動するも、たつえの様子が少しおかしい。
体調が悪いたつえを放っておけず、ベッドに寝かしつけたはいいけれど、
蓮の脳裏を支配するのはたつえへの想いと肉欲。

大きくてキレイな色でおいしいそうなおっぱい、
やわらかそうなくちびる、じんわり濡れた女性器。
こらえきれない蓮の寝ているたつえへの愛撫はどんどんエスカレートして……。

「お願い…たつえさん『だめ』って…言わないで」

蓮のはちきれんばかりのペニスとありったけの想いを挿入されようやく目覚めたたつえは…!?

狂おしく止められない母性への欲情を、人気作家・大波耀子がボリューミーに妖艶に描く!!

「マガジンサイベリア Vol.035(BJ012599)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ012606
ファイル名/ファイル容量
BJ012606.zip / 4.65MB (4872015Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.035(BJ012599)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ごはんですよ。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件