電子書籍 > 海王社 > 母姦獄【第14話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年12月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

大家の息子・レンによって無差別売春を承諾させられた未亡人・マヤ。
新たな指令として実子・カイトへの性奉仕を命じられたものの、
ギリギリのところで踏み留まり、一線を超えることは免れた。

その翌朝——。
昨夜の出来事を気にかけながらも朝食を共にする母子の空気はいつもとは違っていた。
手コキ以外は絶対に要求しないと約束するカイトに母は安堵するも、
来たるべきその瞬間への期待と恐怖を隠することはできなかった。

抑えきれない欲望の重圧から逃れようと、ひとり熟れ切った体を慰めるマヤ。
だが、そのときレンから電話が入り……。
恐るべき調教劇は、ついにレンとカイトが通う学園内へと浸食していく——。

美しき未亡人に容赦なく注がれる男たちのドス黒い淫欲!
重鎮・風船クラブの凌辱大作、新章突入の第14話!!

第1〜6話を収録したデジタル単行本「母姦獄」好評配信中
「風船クラブ」同人フロア配信作品はこちら

「マガジンサイベリア Vol.034(BJ012158)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ012161
ファイル名/ファイル容量
BJ012161.zip / 6.48MB (6794937Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.034(BJ012158)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母姦獄【第14話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件