電子書籍 > 海王社 > 悦楽の島【第8話】劣情の影

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年11月26日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

乗船していた船が座礁して、漂流の末辿りついた無人島……。
人間性を失った世界で、生き残った男と女は壮絶なサバイバルを続けていた。

そんな最中、一機の飛行機が島に不時着。
中には女パイロットが一人搭乗しており、突然この島が眼下に現れ操縦不能になったと語る。

その一方、男たちに捕らえられた真鈴と七海、綾子の母たちは、
他の女たちの居場所を白状するよう終わりのない辱めを受けていた。
仲間を救うべく固く口を閉ざす七海に反し、
真鈴の中で士郎と行動を共にする渚を妬ましく思う気持ちが渦巻いていく。
嫉妬は憎しみへと変わり、とうとう男の一人に思い当たる場所を暴露してしまい……。

無人島で交錯する男と女の愛憎——。
カリスマクリエイター・尾山泰永が描く究極のサバイバルエロス、第8話!!

「マガジンサイベリア Vol.033(BJ011746)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ011750
ファイル名/ファイル容量
BJ011750.zip / 5.07MB (5317857Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.033(BJ011746)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「悦楽の島【第8話】劣情の影」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件