電子書籍 > 海王社 > ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第6話】高嶺の花を摘むように

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年11月26日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数36
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「女神」と称えられた学園のアイドル・鈴峰彩花。
謎の転校生・神沼利央の出現により、今やその華やかな生活は
夢とも現実ともつかない淫らな世界に一変してしまった。

その日、彩花は謎の脅迫メールに従うまま、衆人環視の中、
校庭の真ん中で絶頂を迎えてしまったはずだった。
だが、気がつけばそこは学園内の放送室——。

そう。すべては、神沼が仕組んだ幻覚によるものだった。

ただ確実なことは、
「トイレでのオナニーは紛れもなく彩花が自発的に行った行為」であり、
「いやらしいことを彩花自身が望んでいる」という事実。
神沼はそんな彩花の抑えられた欲求を解放したにすぎないのだった。

そして、様々な事実が突き付けられた紛れもない現実世界で、神沼は告げる。

「先輩の処女、奪ってあげます」

誰にも触れられず、誰も摘みに来ず。
孤高に咲いた高嶺の花は、ついに摘まれてしまうのか——。

催眠、羞恥、調教、処女喪失。
帝王・クリムゾンの真髄が結晶するエクスタシーコミックの傑作、ここに終宴。

「マガジンサイベリア Vol.033(BJ011746)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ011747
ファイル名/ファイル容量
BJ011747.zip / 8.58MB (8997569Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.033(BJ011746)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第6話】高嶺の花を摘むように」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ヒロインの体と性格がエロ過ぎる

2012年12月09日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ヒロインの体がとにかくエロく、性格もまた徐々にエロスに目覚めていきます。催眠属性はだんだん薄れていきますが、その分エロスのレベルは上がり、ヒロインの現実との区別はだんだん甘くなっていき終には...
結末は買ってから自分の目で見てください!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]