電子書籍 > 海王社 > 淫堕の鬼姫アンネローゼ【第3話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年10月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数28
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

クォン大陸にある小国グリダニア王国の至宝・王妃ヒルデガルドと王女アンネローゼは、
貧しいグルダニア王国の財政を再建するためにスキウィアス王国を訪れる。

豊かなスキウィアス王国と同盟を結び、
その良好な経済状態の秘密を知ろうとするふたりだが、
ヒルデガルドはスキウィアス王国の特産品である強烈な催淫剤によって、
淫らな振る舞いを衆目の前で演じてしまう。

一方、同じ催淫剤を飲まされたアンネローゼは、
勝気な性格と鍛えられた肉体がかろうじて理性を保つのだったが、
時間の経過と共に催淫剤の効果はより強く表れ……。

そして、母と同様に忌まわしき「製薬所」に連れられた彼女に、
王子キースは卑劣なある取引を要求——。
拒むことのできないアンネローゼは、その麗しい臀部をはしたなくも突き上げさせられ、
やがて後ろからヒンゲンの剛直によって串刺しにされ……。

美貌の王族母娘を陥れる恐るべき姦計!
エロティックファンタジーの巨匠・たいらはじめが放つ新シリーズ、第3話!

「マガジンサイベリア Vol.032(BJ011327)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ011336
ファイル名/ファイル容量
BJ011336.zip / 7.15MB (7501473Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.032(BJ011327)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫堕の鬼姫アンネローゼ【第3話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件