電子書籍 > 海王社 > 母姦獄【第12話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年10月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

大家の息子・レンに毎日嬲られ続ける美しき未亡人・マヤ。

レンによってムリヤリ無差別売春を承諾させられたマヤに最初に下った命令は、
公衆便所の覗き穴から近所の老人たちに覗かれながらのオナニーショーだった。
多数の老人たちに覗かれながら、マヤは自らの秘穴に極太バイブをズブズブと沈め官能に酔い痴れる。

だが、それだけでは満足できなかった熟母は、レンに本番を懇願するが、
明日までお預けだと告げられる…。

そして、翌日。
我慢に我慢を重ねたマヤを待っていたのは、レンが用意した飢えた男たちの巨根だった。

「プリプリのくっさいチ●ポぉおおお!おいしいのぉおおお!」

魅惑の「ご褒美」を目にした時、飢えに飢えた母は——。

美しき未亡人に容赦なく注がれる男たちのドス黒い淫欲!
重鎮・風船クラブの名作「姦獄」シリーズを継承する凌辱大作、第12話!!

「マガジンサイベリア Vol.032(BJ011327)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ011334
ファイル名/ファイル容量
BJ011334.zip / 5.28MB (5533609Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.032(BJ011327)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母姦獄【第12話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件