電子書籍 > 海王社 > ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第5話】校庭の真ん中で堕ちていく女神

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年10月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数24
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「女神」と敬われ、学園中の羨望を一身に浴びる才色兼備の生徒会長・鈴峰彩花。
謎の転校生・神沼利央の出現により、その華やかな生活は一変してしまった。
その恐るべき超能力によって連日白昼に繰り返される淫夢に、
確実に彼女のココロとカラダは変貌していく。

ついにはあろうことかテスト中に教室を抜け出し、自らの意思によって、
彩花はトイレで自慰に耽ってしまったのだった。

そして、その翌日の早朝に届いた謎のメール。
それは——
「トイレ内のオナニーをバラされたくなかったら、ローターを秘部に入れて登校せよ」
というものだった。

罪悪感に駆られながらも命令のままに登校した彩花に、
謎の送信者はさらに追い打ちをかける。
添付されていたのは一枚の画像。
それも、トイレ内で自慰に耽る自身の姿だった。

——こんなことがみんなにバレたら——

妄想は女神を蝕み、同時にローターの振動が次第に肉体を侵食していく中、
校庭の真ん中で視界に現れたのは——。

催眠、羞恥、調教、処女喪失。
悪魔が誘う恥辱の深淵が、いま、女神を飲み込んでいく。
帝王・クリムゾンの真髄が結晶する至高の新シリーズ、佳境の第5話!

「マガジンサイベリア Vol.032(BJ011327)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ011330
ファイル名/ファイル容量
BJ011330.zip / 6.99MB (7328129Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.032(BJ011327)」に掲載されている作品です。

※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第5話】校庭の真ん中で堕ちていく女神」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!とにかくエロい

2012年12月09日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

女神と形容しても差し支えない美貌の女性が乱れます。
エロスのレベルも徐々に上がっていっており、どこまで行くのか非常に期待できる流れとなっております。
このサークルの絵は非常に安定しているので買って後悔することはないでしょう!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]