電子書籍 > 海王社 > ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第4話】自ら淫らな行為に耽ってしまった女神

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年09月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数30
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

「女神」と呼ばれ、学園中の羨望を一身に浴びる才色兼備の生徒会長・鈴峰彩花。
謎の転校生・神沼利央の出現により、その華やかな生活は一変してしまった。

神沼の超能力によって、連日白昼に繰り返される淫夢。
通学電車では複数の男たちに痴漢され、
教務室では教師たちにセクハラを受け、
道端では見知らぬ男たちに犯され、
放課後はクラスの男子たち輪姦される……。

そんな立ち続けに襲いかかる悪夢によって、
確実に彼女のココロとカラダは変化しつつあった。

そしてある日のテスト中、突然、彩花の秘部が疼き出してしまう。
声をあげてしまうほどの快感に堪え切れず、
トイレに立った彩花だったが、快感は留まることを知らなかった。

「早く…テストに…戻らないと……!」

焦る気持ちと裏腹にますます感覚はエスカレートしていく。
やがて、悶えるカラダを慰めるように、しなやかな指が自らの秘部に伸びて——。

催眠、羞恥、調教、処女喪失。
悪魔が導く背徳行為に、女神は抗うことができるのか。
帝王・クリムゾンの真髄が結晶する至高の新シリーズ、第4話!

「マガジンサイベリア Vol.031(BJ011013)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ011014
ファイル名/ファイル容量
BJ011014.zip / 8.02MB (8405473Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.031(BJ011013)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第4話】自ら淫らな行為に耽ってしまった女神」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件