電子書籍 > 若生出版 > 女教師堕ちる 第四話●化学教師・奈緒27歳 快楽実験室

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年10月07日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数21
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」または「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

放課後の化学実験室から漏れる生徒たちの嬌声。
廊下を通りかかり不審なやり取りを聞きとがめた彼女は、
注意しようとドアを開けたが…眼前にはありえない光景が!
数人の女生徒が気弱な少年を取り囲み、寄ってたかって彼の下半身にイタズラしていたのだ。

慌てて制止に入った彼女だが、その瞬間、男子生徒のペニスはドップリと大量の精液を噴出。
思わず胸中「すごい!それに…お…大きい!?」とハレンチな歎声をあげた彼女。
サイズもさることながら、その濃厚な精臭にメスの嗅覚を刺激され惑乱。
白衣の女教師の下腹部は熱く痺れ潤み蕩けだし、少年の巨根を咥えこむ。
絶倫童貞相手の淫らな実験は、朝まで飽くことなく繰り返された。

「女教師堕ちる(BJ010805)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010811
ファイル名/ファイル容量
BJ010811.zip / 4.98MB (5223423Byte)
注意事項
「女教師堕ちる(BJ010805)」に掲載されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女教師堕ちる 第四話●化学教師・奈緒27歳 快楽実験室」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件