電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

密かに憧れている義母と二人で生活していた少年は、
義母が単身赴任先で入院した父の世話をする間、
叔母の家で過ごすことに。

「ママのオッパイは祐ちゃんのモノなのよ」
叔母の家に向かう前日、寂しい思いをさせるお詫びにと
義母の乳房に顔を埋めながら手淫奉仕をしてもらう少年。
それは愛しい息子が妖艶な妹に惑わされないための義母の措置でもあった。

しかしそんなある日、少年は義母で自慰をしようとしていたところを
あろうことか叔母に見られてしまう。
「叔母さんなら、もっといいことしてあげるわよ」
童貞少年は妖艶な笑みを浮かべる叔母に誘われるままに
濃厚なフェラチオと初SEXを体験させてもらうのだった。

一方、仕事の都合で一時帰宅した義母はそんな息子の微妙な変化を感じ取り……?

おっとり義母の豊乳と勝ち気な叔母の若尻が
性に敏感な少年をタブーへ誘う。
義母と叔母、少年をめぐる狂艶が幕を開ける——。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010700
ファイル名/ファイル容量
BJ010700.zip / 3.73MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ふたりのママ 豊乳義母と若尻叔母」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件