電子書籍 > 海王社 > 悦楽の島【第5話】淫獣たちの黄昏

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年08月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数18
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

乗船していた船が座礁して、漂流の末辿りついた無人島……。
力のみが支配する無法地帯で、野獣のような男たちに次々と犯されていく女たち。

そんな極限状態の中でも、理性を保つひとりの青年・士郎の助けで、
獣のような男たちの魔の手から逃れることができた渚と真鈴。
だが、一度体が覚えてしまった快楽の疼きは抑え込むことができず、
士郎とも性的関係を持ってしまう。

地獄のような無人島で、一時の安らぎを得たかに見えた三人だったが、
獣たちは追撃の手を緩めてはいなかった。

再び襲いかかる男たちと抵抗空しく蹂躙される女たち。
そして、そんな彼らを監視する妖しい影が……。

生き残りをかけた女たちの闘いの行方は——。
カリスマクリエイター・尾山泰永が描く究極のサバイバルエロス、第5話!!

「マガジンサイベリア Vol.030(BJ010680)」と内容の重複があります。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010686
ファイル名/ファイル容量
BJ010686.zip / 4.8MB (5035926Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.030(BJ010680)」と内容の重複があります。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「悦楽の島【第5話】淫獣たちの黄昏」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件