電子書籍 > 海王社 > ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第3話】電車内でとり囲まれた女神

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年08月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数30
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

栄雲学園に君臨する才色兼備の生徒会長・鈴峰彩花。
「女神」と呼ばれ、学園中の羨望を一身に浴びる彼女だったが、
謎の転校生・神沼利央の出現により、その生活は一変する。

その恐るべき超能力によって、連日白昼に見せられる淫夢——。
それは確実に彩花の心と体を蝕み、未知のエクスタシーへと彼女を誘っていくのだった。
生徒会室で、水泳部の部室で、様々な相手に弄ばれ、悦楽に悶え狂う自身の姿。

「私は決して望んでいない…!」

自分に秘められた淫らな本性を必死で否定しながらも、
思い出される忌まわしいシーンは彩花の頭から離れることはなかった。

そんな鬱屈した思いの中、いつものように乗り込んだ通学中の電車内で、
再び淫らな悪夢が訪れようとしていた。

次なる悪夢は痴漢——しかも複数の男たちによる集団痴漢——。

見知らぬ男たちにとり囲まれ、初々しい肉体を一方的にまさぐられ、
抵抗できないままに彩花は快楽を感じ始めてしまう。
そして、男たちの痴漢行為はエスカレートしていき……。

催眠、羞恥、調教、処女喪失。
悪魔が織り成す淫夢から女神は逃れられるか。
帝王・クリムゾンの真髄が結晶する至高の新シリーズ、第3話!

「マガジンサイベリア Vol.030(BJ010680)」と内容の重複があります。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010681
ファイル名/ファイル容量
BJ010681.zip / 8.68MB (9101041Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.030(BJ010680)」と内容の重複があります。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第3話】電車内でとり囲まれた女神の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第3話】電車内でとり囲まれた女神」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!今度は電車の中で複数の男から

2011年08月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

美人でスタイル抜群のヒロインを複数の男が痴漢します。絵はものすごく綺麗で話も好きです。
陵辱シーンは相変わらず実用性抜群です。
徐々に変化していくヒロインの心情に注目しつつ、続きものなので今後どのようになるか期待しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]