電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第7話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年07月22日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

無能な夫の会社経営失敗の代償として、
その美しき肉体を帝都銀行の工藤と熊沢物産の熊沢に差し出した
美貌の人妻、小林ひとみ。

しかし、どんなに責め抜かれても、ひとみは夫だけにしか許していない
「最後の聖域」への侵入は拒み続けていた。

だが、追加融資の依頼に訪れた帝都銀行で、
新たな淫具に責め立てられ、淫らな液を振りまきながら絶頂に達するひとみ。
やがて、理性は崩壊し、ついにその聖域に男たちが侵入する。

「あなた…ひとみを許してください——いぐぅううううううう!!!!」

夫以外のモノを受け入れたことのない子宮に大量の精子を注がれ、
めくるめく快感に悶えながら咆哮するひとみ。

そのころ、自宅では夫の隆明がビデオカメラを見つけて……。

肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!!
苦悩と悦楽の入り混じる、官能地獄が幕を開ける第7話!!

「マガジンサイベリア Vol.029(BJ010347)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010356
ファイル名/ファイル容量
BJ010356.zip / 7MB (7341855Byte)
注意事項
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第7話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件