電子書籍 > 海王社 > ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第2話】親友に弄ばれる女神

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年07月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数32
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

栄雲学園に君臨する才色兼備の生徒会長・鈴峰彩花。
成績は常にトップクラス、所属する水泳部では全国大会出場。
そんな「完璧」な彼女を、学園の男子たちは「女神」と呼び、崇拝していた。

しかし、そんな絶対不可侵な存在である彩花に、悪魔の影が迫っていた。
突如、女神の前に現れた謎の転校生・神沼利央は、
その「超能力」によって女神の体を操り、快楽の淵に引きずり込んでしまう。
自らの身に起こった出来事に戸惑いながらも拒絶する彩花。
だが、そのカラダは確実に快感を待ち望んでいた。

そして、未知の悦楽にのたうつ聖域が侵食されるまさにその瞬間、
ふと彩花が我に帰ると、そこに神沼の姿はなかった——。

——翌日。
夢と現の区別がつかなくなった彩花は、
放課後の校舎裏に神沼を呼び出し真偽を問い詰める。
不審な様子のない神沼の一面に、あれは夢だったと安堵するのもつかの間、
悪魔は次なる淫らな罠を仕掛けていた。

水泳部の部室で、親友と後輩たちが執り行う淫らな遊戯……。
汚れなき女神は繰り返す悪夢から逃れられるか?

催眠、羞恥、調教、処女喪失。
帝王・クリムゾンの真髄が結晶する至高の新シリーズ、第2話!

「マガジンサイベリア Vol.029(BJ010347)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010348
ファイル名/ファイル容量
BJ010348.zip / 8.55MB (8970383Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.029(BJ010347)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第2話】親友に弄ばれる女神の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【第2話】親友に弄ばれる女神」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!高い画力と魅力的なヒロイン

2011年09月06日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

催眠ものでまだまだ続きます。
レズ好きなら非常に面白いと思います。エロとしても極めて実用性は高いですが、話の展開にも目が話す事ができず、買う価値は十分にあると思います。
クリムゾン好きならとりあえず買ってみてもいいいんじゃないでしょうか!?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]