電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ ~淫闇に堕ちたアイドル~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

アイドルデュオ“W”の桜井姉妹の正体は、
闇の軍勢ガルドラーダから人々を守る光の国の王女、
ヴァルキュア・シスターズだった。聖戦姫へと変身し、
魔法で侵略者と戦うヴァルキュア・ムーンと&ヴァルキュア・フレア。
だが、妹フレアが敵に捕らわれ、拘束されたまま
処女を散らされたうえ催眠調教されてしまう。
そして、堕ちた妹の力に敗北したムーンは、
観衆の目前でヴァギナを露出され戦闘員たちに輪姦されることに。
光の力を奪うため、触手の群れに穴という穴を犯され、搾乳されるムーン。
そして姉妹に己の子を孕ませるべく闇の王子の責めはより激しさを増し──。
catwalk NEROの人気変身ヒロイン陵辱ゲームが、
シナリオを手がけた筑摩十幸の手で小説化!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010196
ファイル名/ファイル容量
BJ010196.zip / 9.05MB (9489022Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「聖戦姫ヴァルキュア・シスターズ ~淫闇に堕ちたアイドル~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

悪堕ち(2) 寝取られ(2)

ゲーム版とは別のルート展開

2016年12月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

同名ゲームをプレイ済みです。
ゲームがムーンルートだとすれば、こちらはフレアルートになります(ただし、悪堕ちという見方で)。

個人的には、ゲーム版ムーンの悪堕ちシーンは最高の悪堕ちの一つと考えているのですが、こちらのノベライズ版も違う人がかなり良い展開でした。
ゲームとは違うルートになりますので、プレイ済みの方も楽しめるでしょう。と言うより別ルート扱いですので、プレイ済みの方がより楽しめると思います。
ゲーム未プレイの方も、経験者もどちらにもお勧めできる悪堕ち作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ドMシチュ好きの方にオススメ!

2014年12月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

この作品の中でも個人的に一番気に入ったシーンとしてなんとボテ腹の妊婦に主人公の恋人の男性が責められるというM向けシチュとしても珍しいシーンがあります。
挿絵、文章ともになかなか見応えのシーンですので興味の湧いたMの方には是非読んでいただきたいところです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!闘う変身ヒロイン姉妹が、敵に敗れて穢され尽くす小説。

2011年07月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

心の隙間を突かれながら色責めされ、まずは妹が悪の幹部に生まれ変わると、
首領の命令に従う彼女が姉を悪に引きずり込もうと責める展開になります。
姉妹には人間の男の協力者がいるのですが、彼も上手くHシーンに活用されていました。
母親(夫は健在。ただし呪いでぬいぐるみの姿に)には、体験版のシーンの他にも、
後に娘たちを倒す怪人の卵を仕込まれるHシーンが用意されています。

正義のヒロインが悪の手先と化す異常や背徳、
繰り広げられる淫らな責めに嫌悪や抵抗を示しつつも
やがて弱気になり最後には屈服してしまうヒロインの様子が面白いです。

ベテラン作家が担当しているだけに、読み易くて官能的な文章でした。
挿絵も、可愛い感じの絵柄ですが顔や身体だけでなく、
ヒロインをぐちゃぐちゃにしている多量の汁の粘り気や、
破壊されたり破れているコスの様子も丁寧に描かれていて上手です。

体験版で結構な量を読めますが、それでよさそうだったら楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]