電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > テンタクルプレイ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

愛と粘液に溢れた触手エッチが話題のほりとも単行本!
性交を通して触手モンスターを更生させる天然女神官、
触手化した兄をエッチで看護する無垢な妹など触手和姦はもちろん、
巨大怪物から生徒を守るため身体を差し出す凛々しい女教師、
無鉄砲ゆえ罠に嵌まり触手獣とトロールに輪姦される新米冒険者など
激しい触手陵辱も扇情的♥
大幅な加筆修正のほか、表紙ヒロインの触手姦カラー漫画や
本編おまけ1P漫画など描きおろしも大充実!

■COLOR COMIC
『愛、届きますように Introduction』
『魔法使いは災難だらけ!』

■COMIC
『愛、届きますように』
『淫獣ウイルス注意報』
『見習い教師(せんせい)ミシュル』
『風の行者セシル』
『淫魔皇女の城』
『魔王ミルディア誕生』
『ケノモ族の花嫁』
『シッポでメガネっ娘!?』
『おまけ:はみ射精(だ)し劇場』

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010169
ファイル名/ファイル容量
BJ010169.zip / 133.93MB (140431453Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「テンタクルプレイ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

触手にも愛はある

2013年05月15日   投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

ヒロインたちが触手に犯されたり、愛撫されたりしてイッちゃう作品です!
触手プレイは凌辱ものとは決まってませんって自己主張していますね!凌辱ものもありますが…
ハードな作品が苦手な人でも楽しめる作品なので、そこはおススメですね!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!"触手は好きだけどハードなのはちょっと…"という方にオススメ

2012年05月30日  

このレビューは参考になった×0人

テンタクルプレイ(触手プレイ)というだけあって、収録作品8本のうち6本が触手物です。
しかし、貫通、ボテ腹、産卵などは無いので、ハードな触手物が苦手な方でも楽しめると思います。
『シッポでメガネっ娘!?』と『風の行者セシル』の続編がコミックアンリアルに掲載されたので、
そちらから読み始めた方にもオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!愛ある触手凌辱再び!

2011年07月26日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

前作「テンタクルバージン」の流れをくむ、愛あるファンタジー触手凌辱系H短編集です。
自分を触手凌辱した淫獣を浄化してしまう天然女神官……「愛、届きますように」。
奇病で淫獣と化した義兄に義妹がHな看病……「淫獣ウイルス注意報」。
面白いのは前作「テンタクルバージン」と関連のあるお話があることで、既読であればより楽しめるでしょう。
「王国騎士団長レイチェル」の妹が新米冒険者として触手凌辱の罠に堕ちる……「風の行者セシル」。
ちなみにセシルとその相棒アニーはよく見ると「愛、届きますように」の最終コマにもさりげなく登場してたりします。
「淫魔シスターカーリーン」のシスター・カーリーンと淫魔皇女フェルナルの出会いを描いた「淫魔皇女の城」。
もちろん、「シッポ」第三弾も、いつもはツンのトカゲっ娘が魔法にかかって素直なメガネっ娘になるギャップ感が良い感じです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]