電子書籍 > 若生出版 > 秘雌くらべ[前編]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年08月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「華道の宗匠の家に嫁いで三年。家元だった姑が亡くなり、夫の姉や妹をさしおいて私が後継者に選ばれました。
 未熟者のうえに、本来ならば嫁の私に資格はないはず。
 ですが『無心に花を活ける様は先代そっくり』との義父の裁定には誰も逆らえません。

 でも…でも…無心どころか、花を活ける私の心中は淫らで邪な妄想に満ち満ちていたのです。
 あの…男の人の…精臭によく似た里山の花々の卑猥な匂いを胸いっぱい吸い込むと私の脳髄は熱く痺れ、
 子壺にタネ汁を注ぎ込まれる瞬間に焦がれて下半身は疼き潤み…。

 そうした私の意地汚いメスの本性を義父は見抜いていたのです」

「ぬるぬる家族計画(BJ010060)」に収録されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ010067
ファイル名/ファイル容量
BJ010067.zip / 9.44MB (9902950Byte)
注意事項
「ぬるぬる家族計画(BJ010060)」に収録されている作品です。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「秘雌くらべ[前編]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件