({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

狼耳族の暴虐から兎耳族を守るために活躍する
謎の覆面剣士ヴァイオレットラビィ。

彼女の正体は、
狼耳族によって捕らえられているはずの
兎耳族の姫、サリーであった。

王女は同族を守るために
その剣技を振るっていたのだ。

しかし、狼耳族の王子ボルガとその妹アリスの手によって
ついに剣士は捕らえられてしまう。

衆人環視の中
ボルガの並はずれた一物と人参の二穴責めを受け
さらにアリスの鞭でその身を打たれるラビィ。

肌もあらわに責めを耐える彼女だが
ついには弟のクーヤまでもが捕らえられ
二人は守るべき民の前で、禁断の一歩を踏み出すことに……。

肉の契りに悶える姉弟。
そして、肉私刑の狂乱に呑み込まれた兎耳族たちの手によって
覆面王女の誇りは肉欲のどん底に堕ちていく……。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「姫剣士ヴァイオレットラビィ 満月の罠」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件