電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第6話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年06月25日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

銀行からの融資の担保として、帝都銀行の工藤と熊沢物産の熊沢に、
その肉体を提供した美貌の社長夫人、小林ひとみ。

一晩のうちに、嬲りつくされ、新たな快楽の扉を開いてしまったひとみは、
ひとりの時も自らを後門で慰めてしまい、自己嫌悪にさいなまれていた。

そんな折、帝都銀行の融資の話が進んでいないと夫の隆明から聞かされたひとみは、
自分は騙されたのではないかと疑い、ひとり帝都銀行に抗議に赴く。

そこで待ち受けていたのは、工藤の上司であり、支店長の青山だった。
青山からのさらなる淫らな要求を拒むことのできないひとみ。
必死で、最後の聖域を守ろうとするひとみだが、
新たな淫具で責め立てられ、次第に理性が崩壊していく……。

肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!!
苦悩と悦楽の入り混じる、官能地獄が幕を開ける第6話!!

「マガジンサイベリア Vol.028(BJ009900)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009907
ファイル名/ファイル容量
BJ009907.zip / 6.91MB (7245757Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.028(BJ009900)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第6話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件