電子書籍 > 海王社 > 母姦獄【第8話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年06月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

息子・カイトの友達でありアパートの大家の息子でもあるレンによって、
ひとり公園に呼び出されたマヤ。
レンはマヤを公衆便所に連れ込むと、そこで熟れた美肉をいたぶり始める。
アパートを出る前に耽っていた人参オナニーのためか、それとも淫戯への期待のためか、
マヤの陰部はすでに濡れ滴っていた。

そんな最中、母が公衆便所で淫らな肉責めに遭っているとは露知らず、自宅へ帰ってきた息子・カイト。
部屋に落ちている濡れた人参と母の汚れたパンティを目にしてしまい、あろうことか欲情してしまう。

「まさか…これで…オナニーを…?」

母の痴態を想像しながら自慰に耽る息子。
母に襲いかかる壮絶な肉責めは、次第に息子をも巻き込んでエスカレートしていく……。

美しき未亡人に容赦なく注がれる男たちのドス黒い淫欲!
重鎮・風船クラブの名作「姦獄」シリーズを継承する凌辱大作、第8話!!

「マガジンサイベリア Vol.028(BJ009900)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009904
ファイル名/ファイル容量
BJ009904.zip / 5.33MB (5594021Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.028(BJ009900)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「母姦獄【第8話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件