電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン【最終話】名前も知らないその人に征服された瞬間

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年05月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数31
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

名前も知らない男、しかも「公衆の場で自分を辱めた男」との、
生まれて初めてのセックス——。
それは、これまで幾度も「寸止め」という形で挿入を免れ続けたみつにとって、
あまにりも壮絶なエクスタシーだった。
挿入された瞬間、みつは極度のオーガズムに達し気絶してしまったのだった。

目が覚めると、そこにいたのはやはりあの男。
処女を失ったことは、夢ではなく——紛れもない現実だった。
そして再び、中断された時間を埋めるように、
今度は背後から男のモノが深々と注入されていく。

「セックスは心の通じ合った者同士でする行為」

そんな古典的な観念が未だみつを縛り、激しい自責の念に追い立てていく。
だが、生み出される快感は、必死に抗う彼女の理性を容赦なく押しやっていくのだった。

やがて、朦朧とする意識の中で、みつは支配者への「最後の抵抗」を試みるが……。

痴漢! 調教! 凌辱! 純粋無垢なひとりの美少女が辿る性の変遷。
最後の抵抗の果てに、みつが見つけ出す想いとは……?
帝王・クリムゾンのオリジナル長編「ヴァージントレイン」、ついに完結!!

「マガジンサイベリア Vol.027(BJ009286)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009458
ファイル名/ファイル容量
BJ009458.zip / 8.15MB (8543131Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.027(BJ009286)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン【最終話】名前も知らないその人に征服された瞬間」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件