電子書籍 > 海王社 > 白濁ママ搾り【第2話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

美人ニュースキャスター・中山弥生。
彼女は離婚した夫とのひとり息子の和樹を女手一つで大切に育てていた。
だが、そんな弥生は、和樹とふたりで受けた超名門予備校の面接で、
衆目の中、愛する息子と強制的に結ばれてしまう…。

果たしてこれでよかったのか…?
恥辱にまみれながら塾への合格を果たしたものの、
愛する我が子の笑顔をよそに、弥生は複雑な思いを抱えていた。

そして、入塾の案内と共に手渡されたのは謎の薬。
それを飲むことによって和樹とより「仲良くなれる」という。
言われるがまま服用すると、弥生の体に異変が現れ……。

胸が張り、如実に大きくなってくる弥生。
続いて、塾の指導の通りに和樹を抱きしめると、弥生の乳頭から白濁した液が迸る!
思わずそれを口にする息子と、吸われるがままの母。
母と子の、淫らな暴走が再び始まった——。

禁断の母子相姦を淫らに描き切る、にゃんこ夫人様の衝撃連載第2話!

「マガジンサイベリア Vol.026(BJ009025)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009455
ファイル名/ファイル容量
BJ009455.zip / 4.93MB (5164277Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.026(BJ009025)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「白濁ママ搾り【第2話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件