({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年09月26日
シリーズ名ヴァージントレイン(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数36
ジャンル
ファイル容量
9.77MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

支配者に解放されたのもつかの間、電車内の悲劇は終わらなかった。
みつが支配者に痴漢され、快楽にのたうつ様を、
密かに見ていた男達が集団痴漢と化してみつに襲いかかったのだった。
力ずくで押さえつけられ、辱めを一身に浴びせられた挙句、
みつの汚れなき聖域を犯されかけたまさにその瞬間——
窮地を救ったのは、かつて自分の心と体を支配したあの男だった。

突然の出来事に困惑するみつに優しく囁きかける支配者。
気がつけば、みつはホテルのツインルームに足を踏み入れていた。

「男の人とこんな所に来るなんて…」

襲いかかる自責と恥じらいの念。
だが、それ以上に、さっきまで自分が本当に「望んでいたもの」は…?
やがて、そんなみつを見透かすように、再びあの麗しき愛撫が始まり、
否応なく快楽の渦へと誘っていく。
そして、手足を拘束され身動きのできないみつに、支配者が問いかけた言葉は——。

痴漢!調教!凌辱!汚れなき美少女に迫り来る破瓜の刻。
疾走する電車内から、舞台はホテルの密室へ——。
ついに最終章突入、帝王・クリムゾンのオリジナル長編「ヴァージントレイン」第10話!!

「マガジンサイベリア Vol.024(BJ008796)」、
「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.024(BJ008796)」、「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ヴァージントレイン【第10話】結合」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件