電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第4話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月20日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数24
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

夫の無能さゆえに、融資の担保として帝都銀行に差し出されてしまった美貌の人妻・ひとみ。
保証人の熊沢と共に、その担保を精査しつくした帝都銀行の工藤は、
その素晴らしい肉体に狂喜する。

嫌悪の大きさ、悲哀の深さはそのまま夫への愛の証し。
敏感な肉体を攻め立てられて、ひとみは新たな被虐の快楽に目覚めてしまう。
そして、訪れる悦楽の頂点。
ひとみの肉体は、さらなる快楽を貪る能力を持っていた。
女の、誰も踏み入れたことのない聖域を犯す熊沢。
穴という穴に次々と快楽を送り込んでくる工藤……。

肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!!
理性の崩壊が快楽の暴走を呼ぶ第5話!!

鬼窪浩久「生贄夫人」全巻セットはこちら

「マガジンサイベリア Vol.025(BJ008915)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009446
ファイル名/ファイル容量
BJ009446.zip / 7.31MB (7662902Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.025(BJ008915)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第4話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件