電子書籍 > 海王社 > 隷嬢未亡人 真理子【第6話】暴かれた背徳の饗宴

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数28
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

清楚で優しく、気品のある容姿の人妻・真理子とその甥・幸彦。
甥との禁断の関係を隣人の桜井に知られてしまった真理子は、
桜井に言われるがままに幸彦をさらなる性の深淵に落とし込んでいく…。
日に日にエスカレートしていく3人の性の饗宴。
そんなある日、幸彦の父親が真理子の家を訪れるが、真理子は不在。
当惑する父親を見つけた桜井は、自宅に誘う。

そして、暴かれる背徳の饗宴……。
幸彦はおろか、その父親までも肉欲の煉獄に落とし込もうとする桜井の恐るべき企みが始動する。

肉欲の暴走は悦楽の膨張を促し、理性の崩壊が快楽の壁を破壊していく——。
巨匠・鬼窪浩久が圧倒的な画力で描く濃厚な官能ドラマ、第6話。

「マガジンサイベリア Vol.025(BJ008915)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009441
ファイル名/ファイル容量
BJ009441.zip / 10.4MB (10902391Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.025(BJ008915)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「隷嬢未亡人 真理子【第6話】暴かれた背徳の饗宴」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件