電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン【第9話】本当に望まぬ絶頂

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数32
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

支配者に解放されたはずが、刻まれた快楽の味に蝕まれ、
日々自慰行為に耽っていた黒羽みつ。
そんな彼女を待っていたのは、卑劣な「痴漢集団」——。

予期せぬ男たちの襲来に、たちまちみつは囲まれてしまう。
電車の中で、体をまさぐる不特定多数の男の手。
かつての支配者に悦楽を教え込まれた体は、
みつの意思に反して激しい快楽を伝えてくる。

しかしそれは、支配者が与えたものとは真逆の、決して望まざる快楽だった。
みつの過敏な反応に、痴漢集団は欲情を掻き立てられ、
忌まわしい行為はさらにエスカレートする。
着衣を剥ぎ取り、誰も迎え入れたことのない聖域に挿入を試みようとする男たち。

為す術もなく絶望しかけた瞬間、視界に入ったものは——。

痴漢!調教!陵辱!翻弄される汚れなき処女の運命。
疾走する電車内で、みつの秘部に邪悪な欲望が迫る——。
帝王・クリムゾンのオリジナル長編シリーズ「ヴァージントレイン」第9話!!

「マガジンサイベリア Vol.025(BJ008915)」、
「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009440
ファイル名/ファイル容量
BJ009440.zip / 9.12MB (9558128Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.025(BJ008915)」、「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン【第9話】本当に望まぬ絶頂」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件