電子書籍 > 海王社 > HITOMI -偽典 生贄夫人- > HITOMI -偽典 生贄夫人-【第3話】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月15日
シリーズ名HITOMI -偽典 生贄夫人-
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数22
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

経営難に陥った夫の会社を立て直すために、銀行の融資の担保に差し出された、美貌の人妻、ひとみ。
夫以外に男性経験を持たない貞淑な妻であったひとみは、初めて味わう執拗な肉体検査に
淫らな反応を示してしまう。

帝都銀行の工藤と熊沢物産の熊沢社長は敏感な肉体と清楚な感性を持つひとみの
麗しさに狂喜し、さらに淫らな責めを繰り返す。
そしてかつて味わったことのない、深く狂おしいエクスタシーを迎えるひとみ。

——だが、凌辱の宴はまだ終わらなかった。
熊沢は、ひとみの持つ最後の聖域、禁断の秘肛に狙いを定め…。

あの官能劇画の金字塔「生贄夫人」を、肛辱キング・飛野俊之が至高のオマージュ!!
究極のアナル責めが幕を開ける第3話!!


「マガジンサイベリア Vol.024(BJ008796)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009435
ファイル名/ファイル容量
BJ009435.zip / 6.71MB (7037162Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.024(BJ008796)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「HITOMI -偽典 生贄夫人-【第3話】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件