電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン【第8話】本当に望まぬ快楽

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年09月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数28
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

支配者との1時間に及ぶ卑劣な「ゲーム」に勝利した黒羽みつ。
その日を境に、痴漢行為を受けることは一切なくなった。
電車内ですれ違うことはあっても、触れることは決してない。
自らの処女を守り、そして、男の支配から完全に解放され、
いつもの平穏な日常に戻る……はずだった。

だが、支配者によって刻まれた快楽の味はみつを蝕み、
電車に乗るだけでその秘部をしめらせていく。
疼く体を引きずって帰宅するものの、男が残したローターで自慰行為に耽る毎日…。
いけないとわかっていても、思い浮かぶのは、あの男に犯される自分の姿だった。

…そんなある日、みつの体を弄る男が現れる。
しかしそれは、みつが思い焦がれるあの男ではなかった。
それも、一人ではなく「複数」——。
女を囲んで弄び、独りよがりな欲求を楽しむだけの卑屈な「痴漢集団」…。

予期せず望まない快楽に侵食されていくみつの胸に去来するものとは?

痴漢!調教!凌辱!翻弄される美少女の運命。
疾走する電車内で、みつはおぞましい快楽へと堕ちていくのか——。
帝王・クリムゾンのオリジナル長編シリーズ「ヴァージントレイン」第8話!!

「マガジンサイベリア Vol.024(BJ008796)」、
「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009433
ファイル名/ファイル容量
BJ009433.zip / 8.22MB (8618136Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.024(BJ008796)」、
「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン【第8話】本当に望まぬ快楽」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件