電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン【第7話】止められた快楽 後編

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年09月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数30
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

卑劣な痴漢に心と体を開発され、快楽の味を刻みつけられた女子大生・黒羽みつ。
支配者は三度その姿を現し、電車内の個室トイレにみつを連れ込む。

—— そして、疾走する電車内の密室で「ゲーム」は始まった ——

みつの快楽ポイントを知りつくした支配者の巧みな愛撫。
次々と襲い来る悦楽に身震いするみつだったが、
支配者は絶頂を迎える直前で愛撫を止めてしまう。

「イキたいのに……わざと直前で止めてるの?」

イキそうになっては止められ、またイキそうになっては止められる……。
ただ、ひらすらそれが繰り返される究極の「寸止め」。
もはや心は完全に傾き、みつの胸に去来するのはたったひとつの願いだった。

「最後までしてほしい…!」

…そして、そんなみつの全てを見透かし、あざ笑うかのように、
ついに支配者の熱く滾ったソレが、汚れなきみつの秘部に迫る——。

1時間という長き責めの果てに、みつは自らの欲求に打ち勝つことができるのか。

痴漢!調教!凌辱!迫り来る至高のエクスタシー。
疾走する電車内の密室で、支配者はみつをさらなる快楽へ妖しく誘う——。
帝王・クリムゾンのオリジナル長編シリーズ「ヴァージントレイン」第7話!!

「マガジンサイベリア Vol.023(BJ008542)」、
「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009425
ファイル名/ファイル容量
BJ009425.zip / 7.37MB
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.023(BJ008542)」、「ヴァージントレイン 総集編【下巻】(BJ010679)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン【第7話】止められた快楽 後編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件