({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年08月29日
シリーズ名ヴァージントレイン(単話)
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数30
ジャンル
ファイル容量
8.59MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

自慰行為の翌日、快感の余韻が残ったままの体で通学電車に乗り込んだみつは、
三度、支配者と遭遇し、ある「ゲーム」を提案される。

それは、「愛撫を1時間拒絶し切れたら一切の痴漢行為を止める」というものだった。
だが、もしも自分の意思で「最後までしてほしい」と認めたらみつの負けだと笑う男に、
みつは奇妙な期待を隠すことができなかった。

—— そして、電車内の閉ざされた空間でゲームが始まる ——

易々と上着を脱がされ、上半身裸の状態で抑え込まれたみつに、
ねっとりと、クリティカルに、男の責めが展開されていく。
自らの汚れなき体に棲みついた悦楽という名の怪物を、みつは止めることができるのか。

痴漢!調教!凌辱!果てしなきエクスタシー。
疾走する電車内の密室で、支配者はみつをさらなる快楽へ妖しく誘う——。
帝王・クリムゾンのオリジナル長編シリーズ「ヴァージントレイン」第6話!!

「マガジンサイベリア Vol.022(BJ008361)」、
「ヴァージントレイン 総集編【上巻】(BJ010678)」に掲載されている作品です。

注意事項

「マガジンサイベリア Vol.022(BJ008361)」、「ヴァージントレイン 総集編【上巻】(BJ010678)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ヴァージントレイン【第6話】止められた快楽 前編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件