電子書籍 > 海王社 > ヴァージントレイン【第4話】強制的じゃないけど誘導された自慰行為

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年08月09日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

見知らぬ卑劣な痴漢のテクニックによって、図らずも本物のエクスタシーを知ってしまった黒羽みつ。
一日中何もすることができずに帰宅すると、バッグの中にはHな本で
偶然目にしたことがある淫具・ローターがいつの間にか入っていた。

ローターを目にして、朝の痴漢を思い出し、体が疼き出してしまうみつ……。
やがて手は、痴漢の行為をなぞるように、自らの胸、そして股間に下りていく。
やがてみつは、処女の秘穴に指先を侵入させてしまう。

「ホントはダメ…こんなことダメなの…!」

しかし、それだけの刺激では物足らず、とうとうローターに手を伸ばしてしまうみつ。
そして、痴漢の思惑通りになっていく自分を嫌悪しながらも、
みつは押し寄せる快楽の波に自分を任せ、絶頂に達してしまう。

痴漢!調教!凌辱!
汚れを知らない処女・みつの運命が、支配者の思惑によって狂い始めていく——。
帝王・クリムゾンのオリジナル長編シリーズ「ヴァージントレイン」第4話!!

「マガジンサイベリア Vol.019(BJ007698)」、
「ヴァージントレイン 総集編【上巻】(BJ010678)」に掲載されている作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009397
ファイル名/ファイル容量
BJ009397.zip / 8.67MB (9090881Byte)
注意事項
「マガジンサイベリア Vol.019(BJ007698)」、「ヴァージントレイン 総集編【上巻】(BJ010678)」に掲載されている作品です。
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ヴァージントレイン【第4話】強制的じゃないけど誘導された自慰行為」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件