電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > オトミコ! 僕は男の巫女娘

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

神主やシスター、退魔師などを養成する国立神事総合高等学園。
そこに入学してきたまるで女の子のように可愛らしい男の娘の鏡響は、
いきなり強大な使い魔を召喚してしまい、ドタバタに巻き込まれることに!?

召還した二人の使い魔——男性淫魔のアカツキと堕天使のエリザには、
主従契約を結ぶためと称して、パイズリや触手責めで精液を搾り取られたり、
学校の模擬戦ではクラスメイトの藍川菫の巨乳や裸を見せられながら
手コキされたりと、響はエッチなトラブルに見舞われる。

さらには、シスター見習いの二年生のアスコット・橘・サリィ先輩は、
アカツキを自分のものにしようと、取り巻きの男子生徒を使って
全身愛撫や手コキなど、響に快楽責めをしかけてくる。

また、学校行事で参加することになったミスコンでは、妖怪にイタズラをされ、
スク水姿の菫やセクシービキニ姿のサリィたちの前で、衆人環視の中、
ネコ耳セーラー服や水着姿で、女の子のように喘ぎながら痴態を晒してしまう!

そして、響の幼馴染みであるショタ少年の榊山昇太は、
男であるのに女のように喘いだり、可愛らしい反応を見せたり、
妖気のカケラを除去するためにフェラチオ奉仕をしてくる響のことを、
同性同士であるはずなのに意識し始めていて……!?

どこからどう見ても女の子な男の子──
男の娘が巻き起こす、恋と友情の退魔学園ラブコメディ!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ009022
ファイル名/ファイル容量
BJ009022.zip / 7.75MB (8130894Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「オトミコ! 僕は男の巫女娘」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件