電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた > 目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

退魔師の分家筋に生まれた一条遼は、ある夜目覚めると身体が女になっていた!!
さらに時を同じくして従妹の結女が、鬼への生け贄「鬼慰姫」として狙われ始める。
なんと遼は結女を護る「鬼斬姫」として鬼と戦うため、女体化したらしい。

結女を襲った鬼を撃退し、一度は男の身体に戻ったものの、
幼馴染みの坂谷希美乃が鬼に取り憑かれ、再び「鬼斬姫」に変身してしまう。
希美乃の身体を斬れないため、体操服姿でその豊満な乳房や、
スタイル抜群の敏感な身体を鬼に愛撫されるのだが、何とか退治に成功する遼。

ところが、今度は男の身体に戻れなくなってしまった。
強大な鬼が結女を狙って、近くに潜んでいるのが原因らしく、
鬼から彼女を護ろうと、遼は双子の姉「一条はるか」をでっちあげ、
女子部に通う結女のクラスに転入するのだが……!?

学園のプールでは、衆人環視の中、水に宿った鬼に水着姿で失禁陵辱を受け、
そして街で絡んできた不良たちには、結女と希美乃を人質に取られ、
恥辱のストリップショーを披露する。
さらには不良たちにフェラチオまで強要され、精液をぶっかけられてしまう。

その陰で、一条家に封印された強大な鬼・羅刹童子の罠が隠れていた!
退魔の力を得た遼は、果たして鬼たちから最愛の従妹を守れるのか!?

----------------------------------------------------------
■美少女ゲーム版も配信中♪
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ109837.html
※女性音声フルボイス

■コミックス版も好評配信中♪
http://www.dlsite.com/books/work/=/product_id/BJ021062.html
漫画:天道まさえ
----------------------------------------------------------

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008900
ファイル名/ファイル容量
BJ008900.zip / 8.86MB (9288783Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていたの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「目覚めると従姉妹を護る美少女剣士になっていた」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

女の身体が敏感で困ってしまう男子。

2011年08月09日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

従妹が鬼に襲われると自動的に美少女剣士になってしまう主人公。
大好きな彼女は守りたいので強い女体に変わるのは構わないのですが、
物語開始以前は正真正銘の男だったので日常生活では大いに戸惑い、
女の身体は性感に敏感なのでそっち方面でも困ったことに。

敵や盛りのついた友人たちにいやらしい目に合わされる際は、
「男なのに感じちゃう!」と嫌がりながらもビクンビクン。
心で嫌がっていても身体が伝えてくる快楽のせいで、
メロメロになっていく様子が丁寧に書かれていました。

メイン級の登場人物については、
短いながらもその内面がよく書かれており、
キャラへの感情移入もし易く楽しかったです。
そう言うのが好きなので、
ちょっとした愛憎劇が見れたのも嬉しく思いました。

挿絵はムッチリというよりもムチっという感じの細めの絵柄ですが、
キャラの表情やプロポーションが上手に描かれているなど
話によく合ったいい絵だと感じます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]