電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > プリボテ お姫さまデキ婚計画

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

日本が好きなお姫様のセシルは、日本男児の護に恋をする。
しかし、セシルの父親である王様から猛反対を受けてしまい、
それでも護との結婚を諦められないセシルは、「できちゃった結婚」に注目し!?

エッチなことをまるで知らない初心なお姫様が、
学校の屋上でのラブラブ制服初体験を済ませると、
首輪&犬耳でペットプレイや、ボンデージでSMプレイなど、
様々なシチュエーションで淫らに妊娠をねだってくる!

ついには危険日での中出しエッチで見事に受精に成功!
しかし二人が結婚するにはまだまだ条件が!
妻の妊娠中は夫の姓処理を妻がしなくてはいけない掟があり、
セシルは学校の中でばれないように、アナルを舐められながらのフェラや、
持ち前の美巨乳でのパイズリで護にご奉仕プレイを続けていく!
そして最後には、ボテ腹となったセシルとエッチをしなくてはいけなくて!?

果たして護とセシルは無事に結ばれることができるのか!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008838
ファイル名/ファイル容量
BJ008838.zip / 7.28MB (7636560Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリボテ お姫さまデキ婚計画」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!純真無垢なお姫様の受胎懇願 → 妊娠・ボテ腹SEX

2011年05月31日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

学園にやってきたエステリア王国の王女セシルは、日本語は日本人なみに堪能。「大和撫子」そのものの、丁寧な言葉遣いと挙措のため、主人公を驚かせますが、セシルに対する印象はそれほど良くありません。
 セシルのために、着物に着替えさせてお祭りに連れて行ったのがきっかけで、セシルの方から主人公に対し、熱愛を注ぐようになります。そして「2人が結ばれるために、赤ちゃんを作りましょう!」と叫んでくれるのですが、残念なことに、この時点ではセシルは【神様にお祈りすれば、子が授けられる】と思っています……orz  【正しい子作りの知識】を得たセシルは、最初は羞恥で小さくなりますが、「赤ちゃんを作りましょう!」という決意は変わらず、学園の屋上で処女喪失(&童貞喪失)。 
 エステリア王国の国教・クアール教においては、女性が『生足・素足』を見せることがたいへん恥ずかしいこと。そのため、スパッツの膣穴部分のみを破っての種つけです(イラストあり)。 日本語を自由自在に使いこなすセシルですが、【卑語・淫語】という自覚がないため「孕ませてくださいっ」、「種つけしてくださいっ」という言葉を連発しますw
なお、主人公が「イクぞっ」と叫んだときには「こんな時に、どこにイクって言うんですか?」と聞き返してしまいます。その後も、犬耳&首輪のコスプレでの種つけ(イラストあり)、演劇のための天女の姿での種つけ(イラストあり)などの努力が実ってついに、妊娠。
 クアール教の信徒の義務として、妊婦(とその夫)には『精飲の儀式』と『神子の儀式』があります。205ページでは、『ボテ腹セックス』という言葉が登場します。『ボテ腹セックス(ボテ腹SEX)』という言葉が小説でも市民権を得たのかと感慨無量。
 ボテ腹SEXのシーンも、イラストは2枚を使用して、丁寧かつ詳細に描かれています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]