電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 戦乙女ヴァルキリー2 ヒルデガード~堕つる大地~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

魔王軍暗黒騎士団長・デュークによって捕らえられた
最強の戦乙女・アリーヤを救出するべく、
神軍の主オーディンの娘・ヒルデガードは単身敵の拠城に乗り込む。
だが、そこで見たのは敬愛していた戦乙女・レイアの変わり果てた姿だった——。

快楽に溺れ、堕ちたレイアに戸惑うも、デュークは絶望する暇すら与えない。
かつての仲間・ロキに唆され、自らの処女を差し出すことになるヒルデガードは
催眠で身体の自由を奪われ、父親の見守る前で自らの純潔を散らしてしまう。
さらには、慈愛の心で、街の貧民たちの性欲のはけ口となることを強要される。
それが慈愛の為なのか、それともただ単に快楽を求めているだけなのか——
ヒルデガードはそれすらも判別できないほどに悦楽の虜になってしまう…。

そんなヒルデガードに、ロキはさらなる輪姦陵辱を強制するのだった
…はたして、彼女の真意は一体!?

一方、囚われのアリーヤもまた、満たされぬ肉欲に苦悩していた。
デュークに妊娠されられた肉体は母乳をふりまきつつ新たな快楽を求めて疼き、
孕んだ子供に肉欲を覚えませていくのだった…。

人気作『戦乙女ヴァルキリー1 アリーヤ〜孕む残月〜』の続編が登場!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008821
ファイル名/ファイル容量
BJ008821.zip / 9.26MB (9707348Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

戦乙女ヴァルキリー2 ヒルデガード~堕つる大地~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「戦乙女ヴァルキリー2 ヒルデガード~堕つる大地~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

戦乙女凌辱ゲームノベル、第二弾

2011年03月09日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

「戦乙女ヴァルキリー2」のノベライズ、その下巻になります。
上巻のメインヒロインがアリーヤだったのに対し、こちらはヒルデガードがメインヒロインとなっています。そのため、時系列がゲームとは違い、ヒルデガード登場時点でアリーヤはもう孕まされ、レイアは既にブラックヴァルキリー化しています。
しかしそれぞれのヒロインをしっかり描くためにはこれで正解だったと思います。
もう一つゲームと違うのは、ヒルデガードを主に責めるのはデュークではなくロキであるという点です。
アリーヤも上巻に比べて出番は減ったものの、胎に宿された赤子という新たな枷により、母としての情愛に屈してゆく戦乙女の姿が良く書けています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]