電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 戦乙女ヴァルキリー2 アリーヤ~孕む残月~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

神軍と魔王軍が覇権を巡って争い続ける世界。

魔王軍の手に落ちた戦乙女レイアを救うべく、神軍最強の戦乙女アリーヤは
単身敵の本拠地に乗り込む。

しかし、魔王軍騎士隊長・デュークに籠絡されたレイアの手により、
女もまた囚われの身となり、様々な調教陵辱を受けることになってしまうのだった。

身体の自由を奪われ、乙女の証である秘裂には強固な貞操帯を穿かせられたまま
忌むべき敵であるデュークに汚らわしいアナルを犯され、卑しく醜悪な民衆たちに
さえ輪姦レイプさせる。

嫌悪感を抱きつつも激しく感じてしまう自らの肉体に驚愕することしかできず、
さらには快楽へ溺れたかつての仲間達・フレイアやロキにまでも激しい責めを
受けることに。戸惑いつつも、次第に女の幸せを覚えこまされていくアリーヤ。

大神オーディンへの忠誠心と最強の戦乙女の誇りにかけて必死に堪えるものの、
戦乙女の力を失い、確実に妊娠してしまう蝕の日を迎えてしまうのだが——!?

ルネの大人気戦女神陵辱ゲーム『戦乙女ヴァルキリー2』の待望のノベルズ版です!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008575
ファイル名/ファイル容量
BJ008575.zip / 9.38MB (9833475Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

戦乙女ヴァルキリー2 アリーヤ~孕む残月~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「戦乙女ヴァルキリー2 アリーヤ~孕む残月~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!秀逸なノベライズ作品

2011年02月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

ゲーム1作目からのファンですが、本作は「2」のノベライズ作品です。
ゲーム本編と違ってページ数の制限があるために調教シーン数は少ないことと、「2」から始まっているので「1」のレイアの描写が少ないのは残念ですが、アリーヤが「触」の日を迎えて処女を奪われると共に孕まされるシーンが良いです。
惜しいのはアリーヤのボテ腹シーンがない点ですが、続編の電子書籍化に期待したいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]