電子書籍 > キリブックス > 淫猥な肉体

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2011年03月08日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数164
ジャンル
  • この作品には「旧プロテクト」がかけられています。 ご購入前に必ず [ 旧プロテクトについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

満員電車の中で背後からお尻を触る手……やだ、やめて……。
グラマラスで美人の女子高生・素子はいつも男が近寄るフェロモンを放っていた。
パンティの横から蠢くようにヴァギナの中に入り、クリトリスを弄る指……
あっ、もうダメ、立ってられない……声が出ちゃう……んんっ!!!!! 

通学帰りの電車の中で、素子は大胆な痴漢の指でアクメに達してしまった。
「まだヌルヌルしてる」素子は自分をイカせたあの指が忘れられず、オナニーに耽ってしまう。

後日、素子は痴漢に遭遇した同じ時間の電車に乗ってしまった。
「また会ったね……」
背後からの声と共に、大胆にも素子の大きい乳房へ手が伸び、乳首を摘んで揉みしだく。
「あっ!」
思わず大きな声を漏らしてしまう素子。
そして素子はついにパンティを下げられ、濡れてしまったヴァギナの中へ
誰とも分からない太いペニスの侵入を許してしまう……
『素子の毎日』

女性達の肉体が淫れる卑猥な瞬間を水谷みんとがエロス満載で描く!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008429
ファイル名/ファイル容量
BJ008429.zip / 35.02MB (36716149Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「淫猥な肉体」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件