電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > キャッスルプリズナー 雌将校隷属調教

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年11月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数257
ジャンル

作品内容

ヴィスパ皇国の女将校ノエルは、
戦場においてあらゆる危難を乗り越えてきたことから、
兵士たちに「戦女神」と称賛されていた。

ガルム帝国との戦争に活躍する彼女であったが、
亡国の佞臣ゴルムの裏切りによって敵の女将校ヒルダに囚われてしまう。
——そして恥辱の調教劇の幕が開いた。

捕縛直前に脱出させた部下・アンが連れてくる援軍の到着まで、
何としても生き延びようと決心したノエル。

しかし、ゴルムのペニスにフェラチオ奉仕を強いられ、
肉便器として敵兵士たちの精液と尿を浴びせかけられ、
山芋を混ぜた特製浣腸液でアナルを開発され、
陵辱につぐ陵辱にその気丈な意志が突き崩されてゆく。

さらには出世を疎まれたヒルダまでもが餌食とされ、
ノエルは押し寄せるペニスと白濁液の怒濤に、白く焼き焦がされてゆくのだった……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ008086
ファイル名/ファイル容量
BJ008086.zip / 8.65MB (9065693Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「キャッスルプリズナー 雌将校隷属調教」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!戦女神と崇められた凛々しい女軍人が凌辱調教で堕ちる

2011年04月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

時代設定的には19世紀後半から20世紀初め頃と思われる架空の国家において、戦女神と崇められる美貌の軍人が敵に捕えられて執拗な調教で奴隷に堕ちるお話です。
敵の奇襲により王城を制圧された混乱の中、女将校ノエルは部下のアンを援軍要請のために逃がし、自らは捕らわれの身となります。
ノエルの調教役となったのは、かつて戦場で傷を負わせた敵の女将校ヒルダ。
敵国の男子便所に拘束されて肉便器となり、小便やザーメンを注ぎこまれた後に浣腸責めというのは、ある意味よくある責めですが、浣腸器が馬用の巨大なもので、実に9リットルもの大量浣腸を注入されて無様に排泄させられるシーンが良いです。
更に抵抗を続ける味方の前で痴態をさらされたノエル、その前に現れたのは、先に逃がしたはずのアンの変わり果てた姿でした。
その股間には裏切り者の大臣のペニスが移植されており、そのペニスに破瓜させられて情け容赦もなく中出しされてしまうシーンにはゾクゾクさせられます。
最初の「男」は妹のように可愛がっていた部下、しかしその精液によって妊娠させられてしまったとしたら、それは憎んでも憎み足りない大臣の子というシチュが鬼畜感たっぷりです。
更に、責め手であったヒルダも政争に巻き込まれて責められ側に堕ちるのも趣向が効いています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]