電子書籍 > キリブックス > 人妻制服セクハラ調教

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年10月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数170
ジャンル

作品内容

「ああ…美味しい……達也さんのペニスはどんなごちそうよりも美味しいわ…」
夫のカチカチに勃起したペニスをしゃぶりながら、妻のさやかは激しく乱れていた。

「あっ! いい…もっと…強く…激しく…責めたててェ!!」
豊満な乳房を大きく揺らしながら、夫のペニスでヴァギナを掻き回されて、
さやかは淫らに悶えながらアクメを迎えたのだった。


その翌日、さやかはマンションの隣に住む学生に呼び止められた。
エレベーターの中で、性欲にあふれた学生は、突然さやかのスカートをまくり上げ、成熟した人妻の乳房を揉みしだく。
「やめて! ご近所の人に…」
激しく抵抗するさやか。
しかしパンティの中でヴァギナを弄くり回されると、
次第にさやかは甘い喘ぎを漏らしてしまい、熟れた艶肌を許してしまうのだった。

ベットの上で四つん這いになるとすでにさやかのアソコは恥汁が滴るほどに濡れそぼっていた。
「わたしはそう、恥知らずな人妻です…」
夫の裏切りつつも、性欲の歯止めが利かなくなった淫乱な人妻さやかは、
若くたぎる学生のペニスに突かれて、何度も何度も激しく絶頂を迎えるのだった……
『さやかサンの昼下がり』

人妻の淫靡な性の快楽と調教的羞恥プレイ、看護婦の現場で起こる患者との痴態など、
つくしの真琴が激しいセックスを赤裸々に描く一冊。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ007675
ファイル名/ファイル容量
BJ007675.zip / 41.43MB (43446018Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「人妻制服セクハラ調教」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件