電子書籍 > キリブックス > 3回まわってワンと鳴いてみろ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年09月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数182
ジャンル

作品内容

親が作った多額の借金のカタに、同級生の超金持ちお嬢様の家に引き取られた青木秀一は、
その日からお嬢様を悦ばせる「犬」としての生活を強いられる事になった。

一糸まとわぬ全裸に首輪を着けられ、お嬢様の激しいセックスを鑑賞させられ、
またその後、おマ○コを舌で掃除させられる日々。

初めは犬としての生活に抵抗していた秀一も、お嬢様の性的調教や、
さらには屋敷に仕えるメイドとのお披露目セックスを繰り広げる様な生活に、
次第に犬としての生活に染まっていってしまう…
『3回まわってワン!と鳴いてみろ』

 夏休みのある日、自分の教え子が突然自分の部屋を尋ねてきた。
その娘はいきなり「先生とHしたいだけなの」と服を脱ぎだし、自分のオチ○チ○を舌先で丁寧に舐め始めた。
あまりの気持ちよさに思わず顔射してしまったが、もう自分の欲求を抑えきれなくなってしまった。

教え子のブラジャーからプルンとごぼれる大きな乳房にしゃぶりつき、
片手でクリトリスを弄くりながらヴァギナに指を入れる。
「あっ、あぁん!」
恥ずかしそうに喘ぐ教え子の汁気を帯びた濡れマ○コへ、自分の固くイキリ勃ったペニスを奥まで挿入し、
激しく何度も出し入れを繰り返して中へ発射した…。

気持ちよさの余韻に浸っていたのも束の間、これはまさに教え子の策略だったとこの後気付かされた……
『Summer Holiday』

 めくるめく卑猥な女と男の淫靡な行為とセックス!連作作品を収録した大槻ミチロヲが贈るエロスワールド単行本!!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ007659
ファイル名/ファイル容量
BJ007659.zip / 31.67MB (33204995Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「3回まわってワンと鳴いてみろ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件