電子書籍 > 海王社 > ガールズファイト マヤ編

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年08月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数122
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

アンダーグラウンド総合格闘技界に君臨する無敗の女格闘家、泉マヤ——。
その驚異的な強さと類い稀なる美貌で数々の男たちをマットに沈める姿は、
多くの観客を魅了し、絶大な称賛を浴びていた。
だが、そんな女王の前に謎の挑戦者が現れる。
ことごとく攻撃をかわしながら、執拗に女王の秘部を狙う男。
熱狂する観客の前で、豊満な胸を晒され、局部を責められ続け、次第に女王の理性とプライドは崩壊していく…。
強く、気高く、美しい女格闘家を待ち受けるのは栄光か屈辱か。

マガジンサイベリアで大反響を巻き起こした「ガールズファイト」シリーズ第二弾が、ついに総集編で登場!
帝王・クリムゾンが放つ究極のエクスタシーバトルを刮目せよ!

■収録作品■
【第1話】君臨する女王
【第2話】女王の動揺
【第3話】女王の亀裂
【第4話】揺れる女王
【第5話】女王の安息

作品情報/動作環境

作品番号
BJ007450
ファイル名/ファイル容量
BJ007450.zip / 30.14MB (31609050Byte)
注意事項
※こちらの作品は見開き表示固定の作品になります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ガールズファイト マヤ編の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ガールズファイト マヤ編」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

強制/無理矢理(2) 恥辱(2)

強い女が負けて虐げられる

2011年08月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

今まで無敵で勝ち続けていた気の強い女が一人の男に負けて負けるたびに陵辱される話です。
攻撃されたりするところがエロく書かれていたのが良かったです。
この状況を受け入れてだんだん気が弱くなって行くのもよかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!戻れるんだ、これでただの女に……戻れるんだ

2011年08月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

著者の闇格闘技モノ、第二弾。
前作と違い、ヒロインは冒頭から闇のリングで活躍し、屈強な男たちを足蹴にしてきた無敗の女王・マヤ。
そんな彼女の前にある日現れた謎の挑戦者。
卑怯な罠とかでなく、正攻法でマヤを軽くあしらう圧倒的な実力で、じわじわと女王の仮面を剥がされ追い詰められてゆくのが良い感じです。
第一話でかませ犬的な相手に対して圧倒的な実力を見せつけただけに、どこかクールな振る舞いの女王がリング上で尻を平手でスパンキングされる屈辱感がギャップ感と相まってたまりません。
必死に食らいつきながらも、手もなく絶頂を繰り返させられ堕ちてゆく女王。しかし彼女は、心のどこかで自分をこんな風に力でねじ伏せ蹂躙してくれる強い男の登場を待ち望んでいたのでした。
最終ラウンド、既にグロッキー状態のマヤに対して、獣のように挑戦者は、若い力で襲いかかります。
何となく、アリスの名曲「チャンピオン」を思い出してしまいました(笑)。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]