電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 陰陽生徒会 淫呪の鎖

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

生徒会長を務める神坂理央は陰陽道の使い手。
反逆者の情報を掴むと、パートナーである神門早苗とその存在を討とうとする。
しかし、立ちはだかる少年・六道彰光によって
二人は瞬く間に組み伏せられ、舌や髪、太腿や指などを性感部位に変えられてしまう。

理央は目隠しの状態で精液を求めて夢中でフェラチオ奉仕を行い、
早苗も、戦いに敗れた後には美尻をスパンキングされ、さらに強制のアナルセックス。
学園生活に戻っても周囲の生徒達からの羞恥責めにおしっこをおもらしし、
ニーソックスにペニスをねじ込まれ、無理矢理黒髪を用いての手コキまで。
しかしそんな状況でも感じてしまう理央と早苗。
制服にもブルマにも牡汁をぶっかけられ、母乳まで噴くように変えられた陰陽師少女は
媚肉の疼きに翻弄されてゆく。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ007442
ファイル名/ファイル容量
BJ007442.zip / 9.17MB (9619862Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「陰陽生徒会 淫呪の鎖」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

制服(2) 学校/学園(2) 放尿/おしっこ(2)

みずごころ

2013年08月03日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ちょっとだけ、チートな雰囲気が漂う作品。

陰陽師の武器がいろいろ描き出されていれば問題ないのですが、
なにかちょっと説明が欠けていた気がするのです。

そんな不満もどこへやら。
対照的な二人のヒロインが織り成す被虐劇は、
非日常をどっぷりと味わうことになっております。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

お互いを思い合いながら堕ちていく2人の美少女陰陽師

2013年07月03日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

表紙の2人が美人だったので、そのままレジへ。

 陰陽師一族のうち、分家の娘で生徒会長の理央(表紙右:茶髪の子)と、本家の跡継ぎの少女で副会長の早苗(表紙左:黒髪ポニーの子)。2人は一族を裏切って学園に逃亡してきた敵の討伐を命じられるが、敵の力は強大で、敗北してしまい……という流れ。

 ヒロインの二人は、めんどくさがりで強気、スタイルがよく、攻撃専門の理央と、まじめで清楚、スタイル控えめ、サポート専門の早苗、というふうに対照的ですが、お互いを思う気持ちが強く、調教に対しても、「パートナーのためなら耐えられる」と自分を鼓舞する姿が魅力的で、それでも次第に耐えられず、心が折れていく様子が映えます。

 えちぃシーンは、敵の術で全身を性感帯に変えられたうえで、学園の生徒たちを相手にした凌辱調教ですが、大人数での派手な輪姦は少なめ。代わりに、開発されてしまった箇所を集中的に責められたり、生徒たちから失望や軽蔑の言葉を浴びせられる恥辱責めが中心。快楽でじわじわ心を削られていく様子が秀逸です。そのためか、どちらかというと挿絵も本文も、お相手の少ない前半のほうが、若干優れている印象。

2人のヒロインのうち、理央のほうが若干出番が多いです。終盤は、理央のえちぃシーンが続きますし、「早苗の跡継ぎとしてのプレッシャーを少しでも減らしてあげたい」「早苗を守りたい」「早苗もきっと耐えている」など、心理描写も厚いので、終始理央に感情移入しながら読んでいました。

派手なえちぃよりも、快楽でじわじわ精神的に堕とされていく描写がお好みならば、一見の価値があるのでは。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]