電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ゆにゆに ボクとお嬢様のぷらいべ~とれっすん

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

どこから見ても女の子にしか見えない男の娘な少年・由仁が、
家庭教師として訪れた御屋敷は、謎多き男子禁制のセレブ一家。

そこで出された課題とは
「お嬢様に性教育をレクチャーせよ!」
という奇想天外なものであった……!?

御屋敷で50人のメイドが見守る中、フェラチオ、手コキ、ローター責めをされ
気を失ってしまうのもつかの間。
気がつけば女装をさせられ、主人となったお嬢様の
メガネ姉(ドS)に足コキ&パイズリされて、
ちょっぴりMに目覚めたり……。

由仁は無事、お嬢様に性教育をほどこせるのか?
そして由仁の童貞を奪うのは——。

----------------------------------------------------------
「やぁ、めぇ、てぇえっ! 出ちゃいます出ちゃいます、出ちゃいますぅ!」
 一晩の間に熟成された精液が、心地よい口唇愛撫に誘われていまにも噴き
出してきそうだ——が、由仁の哀れな声はだれにも聞いてもらえない。
「ぬぅう……母上がソレをするなら、可愛いタマタマは私のモノだ!」
 首をねじ曲げて股間に潜り込んだ桜お嬢様が、口を大きく開け——パクッ!
「はひぅっ!?」
 ふたつの珠が熱いぬめりに包み込まれ、しなやかな舌に動かされてコロムニムチュコロ——濃密な牡エキスを溜めた睾丸が袋の中で擦れ合い、鋭い快感が炸裂する。
「ひぅ、ひ……ひぅぅぅっ! もうやだ、ヤダヤダ、やぁだぁあっ!」
 美女と美少女に頬張られた筒先とつけ根の間を、稲光のような激感が往復した。メイド服を着ていたときと同じように、涙をこぼして甘い声で鳴き叫ぶ由仁。

(——本文より抜粋)

作品情報/動作環境

作品番号
BJ007275
ファイル名/ファイル容量
BJ007275.zip / 8.94MB (9369038Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ゆにゆに ボクとお嬢様のぷらいべ~とれっすん」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

それなりのM向け作品です

2014年12月20日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

イラストと紹介に惹かれての購入です。
なかなか堅実な作品だったと思います。M向けのシーンもそれなりには数があり、ハーレムものということを考慮しても及第点だと思います。
ただ本番シーンなどそうでない場所もあるので、ご注意ください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]