({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2010年10月21日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数58
ジャンル
ファイル容量
13.21MB

作品内容

「あぶな絵師」と呼ばれる女流作家・宵欄(しょうらん)のもとにモデル志願してきたのは、ひとりの清楚な娘で———

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「あぶな絵師宵蘭」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!大正ロマン(和の縛りの美学)!

2010年11月16日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

同一作者の「SMマガジン」シリーズを、表紙につられて何作か購入しましたが、
そのなかでも本作が最も面白かった。
(傑作!と言うよりも、自分の趣味に合う「佳作」という感じ。)

 この人の絵柄は線が細く、和服に縄の緊縛といったシュチエーションがぴったりで、
M女の被虐感、色気などが良く出ています。
 他の作品の洋風ボンデージとかだと、責めの雰囲気が濃くって、絵がストーリーに
負けて、表現しきれていないところがあると感じたましたが、本作は舞台を昔の日本に
設定し、ノスタルジックな雰囲気がマッチしています。 

 後半は、責め役の絵師のお姉さんが若かりしころの話で、前後逆でオマケのような
感じですが、コッチはこっちでロリでS気質のお嬢様が、没落の憂き目に会って親戚に
嬲られ、悔し涙に咽ぶという、好きな人にはたまらないシュチで、1作で二度おいしい
コンボになっています。
 とりあえず、縄での縛りが好きな方なら、買って損は無いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]