電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > ハーレムウェディング

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年04月04日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数257
ジャンル

作品内容

名家出身の少年騎士カルシドは、才覚を見込まれてドモス王国の王女の
一人クラミシュと結婚し、その家を継ぐことに。しかしクラミシュは男嫌いで、
結婚に猛反発。途方に暮れる彼に、クラミシュの母親ティファーヌが、
女というものを教え込んでいく!

人妻ならではの熟れた身体を使い、女の愛し方をカルシドに指導していくティファーヌ。
カルシドは濃厚な性戯を体験し、童貞を食われてしまう。
次いで、レズっ気のあるクラミシュから、その相手である褐色肌の
女剣士ドリーリアを奪い、見せつけるようにセックスして中出し。
さらに、カルシドを手に入れるために裏切り行為に手を染めようとした
部下ルキアナには、お仕置きと称して巨乳でパイズリフェラさせ、顔面にぶっかける。
そして敵国との大きな戦いの後、心を通わせたカルシドとクラミシュはついに結ばれて——。

花嫁を手に入れるための、少年騎士の愛と試練が描かれるハーレムファンタジー!

作品情報/動作環境

作品番号
BJ006671
ファイル名/ファイル容量
BJ006671.zip / 7.3MB (7649647Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

ハーレムウェディングの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ハーレムウェディング」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

パイズリ(2)

おすすめ!ライトな王道ファンタジーもの。

2014年10月27日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

下品なことを言ってもどこか気高い貴婦人。
男嫌いな結婚相手のレズ相手の騎士。
好きすぎる主人公をモノにするために敵と通じる副官。
男嫌いな烈女で結婚相手の王女。

貴婦人に煽られながら一癖も二癖もあるヒロインをHで
自分の女にしていくストーリーは爽快ですし、
もう一つの作品の柱であり、
エッチ要素と上手くバランスがとれている
政治的な部分も面白かったです。

全体的に軽い雰囲気で文章が読みやすいのもいいですし、
巨乳のヒロインの衣装まで丁寧に描かれている挿絵も上手です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!潔癖な王女を『正室』に。そのレズ相手や母親を『側室』にする!

2010年05月20日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×0人

主人公が複数のヒロインたちとSEXしまくり、やがて正室・側室に迎える物語です。しかしただSEX三昧の生活をしているわけではなく、物語には、戦争・政治・外交・王侯諸将の思惑なども複雑に絡んでいます。

 主人公リカルドはドモス王国の国王ロレントにより、その娘(王女)クラミシュの夫に選ばれます。 
 しかしクラミシュは『男性不信』に凝り固まっています。『父親であるロレントが1000人もの女を抱き、異母兄弟姉妹が100人を越える』という環境のため。
 面白いことに、単純な『男性不信』で、SEXの知識に疎い〜というわけではありません。
 家臣である女騎士ドリーリアとレズ関係にあります。クラミシュの母親ティファーヌに誘導され(唆され)、王宮の隠し通路から、クラミシュの部屋を覗き見して、レズプレイを目撃。レズプレイ中はドリーリアが『攻め』に回るシーンを見ることができます。

 クラミシュに認められないという問題に悩みつつも、その母親ティファーヌにより筆卸されて童貞喪失(もちろん膣内射精)。さらにドリーリア、(副官として支えてくれていた)ルキアナの処女を奪って「側室」にしていく主人公w そういう【外堀から埋める作戦】を企て、主人公を唆すティファーヌのセリフがすごいです。「愛妾とは肉便器ですわよ。婿殿が徹底的に楽しんでいいのですわ」

 やがてクラミシュも主人公の「正室」になりますが、そのときにはロレント王からの『下賜品』として、母親ティファーヌまでも「側室」として迎えます。最後には母娘のダブルフェラを楽しみ、さらにドリーリア、ルキアナも加えての5P。 明るく、背徳的なハーレム生活です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]