電子書籍 > グループ・ゼロ > 奥の細道

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2017年05月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数214
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

奥羽を旅して、見聞きした事を報告する。
幕府からそう依頼された松尾芭蕉は、たまには田舎の純情な娘を味わうのも悪くないと、引き受けることにした。
しかし芭蕉が来ると都合の悪い伊達藩は、くの一の楓を差し向ける。
楓の房殺術で芭蕉を骨抜きにして、江戸に足止めしようとしたのだ。
首尾よく芭蕉に取り入った楓だったが、逆に芭蕉の巨根とテクニックに、楓の方がダウンしてしまう。
悠々と先に起き出した芭蕉は、弟子の庄右衛門を曾良と改名させ、僧形となって奥羽へと出発した。

痛快、芭蕉の絶倫旅日記!
「第一句/草の戸も住み替はる代ぞ雛の家」以下
「第二句/行春や鳥啼魚の目は泪」
「第三句/あらたふと青葉若葉の日の光」
「第四句/暫時は滝に籠るや夏の初め」
「第五句/かさねとは八重撫子の名なるべし」
「第六句/夏山に足駄を拝む首途哉」
「第七句/木啄も庵はやぶらず夏木立」
「第八句/野を横に馬牽むけよほととぎず」を収録。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ006570
ファイル名/ファイル容量
BJ006570.zip / 101.77MB (106709676Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奥の細道」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件