電子書籍 > キルタイムコミュニケーション > 新・呪い屋零3 淫夢迷宮

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年03月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数251
ジャンル

作品内容

奪われた""ZERO""を取り戻すべく、
青龍たちの潜伏している街へとやってきた「呪い屋」佐々木零。

しかし青龍の腹心ジョスリンとの戦いにおいて、
虚を衝かれて敗れ、彼女は意識を失ってしまう。

——そして目覚めた時から始まった悪夢。

同じ街。同じ人々。同じ景色の中で零は、メイド、レオタード、
全裸、犬、様々な格好をさせられて辱めの限りを尽くされる。

失禁、手コキ&フェラチオ奉仕、輪姦陵辱——そして触手責め。
絶頂につぐ絶頂に意識が霞んでいく女呪術師。
「おかしい」と分かってはいる。
しかし身体は、意識は、自由にならない。
催眠暗示という見えない糸に操られる人形そのもの。

さらにはかつての同僚であった巫女姿の巨乳少女・御影を、
淫術を使った触手責めにより陵辱の餌食としてしまうのだった。

既視感の中で果てしなく繰り返される淫宴に、
女退魔師の理性は擦り潰されていく……。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ006525
ファイル名/ファイル容量
BJ006525.zip / 7.85MB (8231917Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

新・呪い屋零3 淫夢迷宮の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「新・呪い屋零3 淫夢迷宮」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!マニアックな催眠暗示

2010年09月16日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ヒロインが依頼で悪の幹部に接近するも、返り討ちにあって、暗示をかけられ雌奴隷として輪姦されます。かけられる暗示は、オナニー、性欲処理メイド、淫乱雌犬、公衆便所、仲間をレイプです。中でも雌犬の暗示をかけられた時のプレイ内容は一見の価値あり。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]